憲法を学ぶ第1回
最終決定権は国民の総意
 全気象本部青年女性部を中心に5人が参加して、勤労者通信大学「憲法コース」の第1回学習会を本庁ビル内で開き、本部青年女性部安部副部長がチューターとなりレジュメに添いながらテキストの第1章について学びました。
 今回学んだことは、「立憲主義は権力者が勝手な政治をおこなわないように、憲法によって規制すること」(日本国憲法97条〜99条参照)、国民主権とは「日本国憲法第1条に主権の存ずる日本国民の総意に基くとあり、日本の政治の最終的決定権が国民の総意にある、国民の意思にあるとしているという」などです。
 参加者からは、「丁寧で非常にわかりやすかった」との感想でした。
 今後は、テキストが5章まであり、5回に分け毎月第2第4水曜日に開催して行く予定です。

戻る