賃上げで不況打開を!
09春闘勝利3・5中央行動
 公務労組連絡会と全労連・国民春闘共闘は、3月5日、09春闘の勝利をめざす3・5中央行動を行いました。この行動には、公務関係の労働組合の他、交運共闘や医労連などの民間単産も参加し、霞ヶ関周辺で、のべ3000人が各省庁要請行動やデモ行進などを繰り広げました。
 昼休みに行われた人事院・厚労省前集会には約1500人が集まり、厚労省と人事院に対して、雇用問題に責任を果たすことや、最低賃金引き上げと公務員賃金引上げで内需を増やし、不況を打開しようと訴えました。集会にはタレントの清水國明氏が駆けつけ、「自然保護の施設を運営しているが、お客さんが来なくなってしまった。ぜひ春闘に勝利していただいて、遊びに来て欲しい」と、ユーモアを交えながら激励しました。
 続いて行われた、総務省前要請行動では、全労連公務部会の若井副議長が主催者あいさつを行い、「不況を打開するため、政府は率先して公務員の賃金を改善んすべき」と訴えました。
 参加者は、社文会館で総決起集会を行った後、赤坂見附を通って国会までデモ行進を行い、「派遣切りはやめよ」、「賃上げで不況を打開しよう」などのシュプレヒコールを上げて、沿道の人々に春闘勝利をアピールしました。

戻る