なくせ貧困!雇用を守れ!
春闘共闘が中央総行動
 2月13日、全労連・国民春闘共闘などは、「なくせ貧困! 仕事よこせ、守ろう雇用と暮らし!」をスローガンに、のべ1万人が結集して中央総行動を行いました。
 12時から日比谷公園で開かれた第一波中央集会には、公務・民間労働者や青年・女性団体など約3000人が集まり、雇用確保、派遣法抜本改正、公務員の労働基本権回復、非正規労働者の均等待遇などを求め、たたかう決意を固めました。
 主催者あいさつを行った全労連の大黒議長は、「大企業に社会的責任を果たさせ“内部留保を使って雇用を守れ”のたたかいが重要だ」と述べ、「派遣労働者直接雇用を求める一大運動を起こそう」と呼びかけました。
 続いて行われた、各省庁要請行動では、全気象は内閣府前行動に参加し、「労働基本権問題をないがしろにした公務員制度改革反対」などを訴え、北海道地本の川島書記次長が代表してシュプレヒコールをリードしました。
 14時からは、日比谷公園から東京駅までの銀座デモが行われ、思い思いののぼりやプラカードとシュプレヒコールで、「雇用対策充実」や「賃上げで不況打開」を訴えました。このデモに、国土交通共闘は新調したのぼり旗の下、一団となって参加しました。
 デモ終了後約3000人の参加者は、日本経団連前に結集し、日本経団連に向かって「大企業は社会的責任を果たせ」、「株主より雇用を守れ」と追及しました。
 一連の行動に、全気象は各地本代表ら15人が参加しました。

戻る