09年春闘スタート
丸の内デモで企業責任追及
 「大企業は儲けを労働者に還元しろ」。東京丸の内のビル街でシュプレヒコールが響きわたりました。  全労連・国民春闘共闘は14日、09年春闘の始まりを告げる第1弾の行動として、大企業が軒を並べる東京丸の内でデモ行進を行いました。これには、首都圏近郊から900人の組合員が集まり、「大企業は雇用責任を果たせ」、「株主配当より雇用を守れ」と沿道の人々に訴えました。
 その後デモ隊は大手町の経団連ビル前に結集し、財界の総本山日本経団連に向かってシュプレヒコールを浴びせ、雇用確保と賃金引上げを求めて企業の責任を追及しました。
 これらの行動に先立ち、春闘共闘は金融庁前と厚生労働省前でそれぞれ要請行動を行い、「銀行の貸し渋り・貸しはがしを止めさせよ」、「大企業に雇用責任を果たさせよ」、「派遣法を抜本改正せよ」、「最低賃金を1000円以上に引き上げよ」などを訴えました。

戻る