中労委委員に淀さん
全労連から初めて任命
 全労連やMICなどが推薦していた淀房子さんが、11月16日付けで中労委の労働者委員に任命されました。これは、全労連推薦の委員としては史上初めての任命となります。
 政府は、「連合」発足以降18年間、中労委労働者委員として連合推薦の委員だけを任命するという、偏向した任命を続けています。これに対し、全労連やMICなどで作る「労働委員会民主化対策会議」は、一方のナショナルセンター代表を排除しているのは不当だと裁判などでたたかってきました。また、2002年には、ILOから政府に対し是正勧告も出されています。
 国公労連では、今回、中労委で任命されたのは、「非連合である労組の推薦する候補者が初めて選任されたものであり、歴史的・画期的な出来事」と、する声明を発表しました。

戻る