「人間らしく働きたい」
10・5青年大集会に4600人
 10月5日、東京明治公園に全国から約4600人が集まり、全国青年大集会2008が開かれました。
 この集会は、「まともに生活できる仕事を」、「人間らしく働きたい」との要求を掲げて、全国の青年が実行委員会を作って開催したもので、主催者を代表してあいさつした民青同盟委員長の田中悠さんは、「一人ひとりが小さな勇気を出し、仲間とともに一歩を踏み出せば、社会を変える大きな力になる」と述べ、運動の広がりが政治と社会を動かしていることを訴えました。
 集会には、偽装請負や、長時間労働、賃金差別、解雇・雇い止めなどとたたかっている、松下プラズマの吉岡さんや、日亜化学の島本さん、キャノンの宮田さん、shop99の清水さんらが次々と舞台に立ち、儲けしか考えず、人をモノのように扱う会社の実態が赤裸々に語られるとともに、連帯してたたかうことの重要性が訴えられました。
 集会には、全労連の大黒議長、反貧困ネットワークの湯浅代表、日本共産党の志位委員長が連帯のあいさつを行い、連帯し声を上げることの重要性と、ともにたたかう決意が述べられました。
 集会に先立って分野別交流会が開かれ、公務労働者の分科会では、公務における非正規雇用の問題について、国公労連の秋山書記次長と東京自治労連の伊藤執行委員を講師に学習交流会が持たれ、労働基本権もなく、雇い止めの不安を抱えながら、劣悪な労働条件で働かされている実態と、それに対するとりくみや今年の人事院勧告での成果が紹介されました。
 集会後、参加者は渋谷までデモ行進を行い、思い思いのプラカードや横断幕と、シュプレヒコールで、「働く貧困」問題の根絶や、人間らしく働くルールの確立を訴えました。

戻る