ビラ配りに罰金10万円
「言論の自由」壊す不当判決
 9月19日、東京地裁は警察官舎の集合ポストにビラを配った厚生労働省職員の宇治橋さんに対し、国家公務員法(政治活動禁止)違反として罰金10万円の判決を言い渡しました。
 宇治橋さんは、休日に私服でビラを配っていたもので、住居侵入の疑い(不起訴)で逮捕した警察官も当初は公務員であることに気づきませんでした。また、職場の上司や同僚も、業務には一切影響しないと公判で明確に証言しています。にも関わらず、「公務の中立性を損なう恐れがあった」という抽象的な危険性だけで有罪としたことは、民主主義社会の根幹である「言論・表現の自由」を省みない、不当な判決と言わざるを得ません。
 宇治橋さんは、無罪判決を獲得し政治活動の自由を守るため、即日、高等裁判所へ控訴しました。

戻る