厚労省は公正任命を行え
中央労働委員候補に淀氏と水久保氏を推薦
 8月4日、全労連などで作る「全国労働委員会民主化対策会議」は、第30期中央労働委員として国公労連全医労の淀房子氏(独立行政法人枠)と新聞労連の水久保文明氏(民間枠)を中央労働委員候補として推薦する手続きを、厚生労働省に対して行いました。
 この行動に先立ち、同会議は厚生労働省前で早朝宣伝行動を行い、「ILOからも繰り返し勧告を受けながら、それを無視して連合だけに労働委員を独占させるという偏向任命を続けることは、もう許されない」と、両候補を先頭に、公正な任命を行うよう訴えました。

戻る