走れ気事拡 08−06

気事拡署名紹介議員51人に
衆議院国土交通委員会は野党委員全員が紹介議員に
 5月30日に要請行動を行った気象事業国会請願署名は、6月9日が国会受付のしめきりとなり、紹介議員は与野党合わせて51人になりました。
 日本共産党、社会民主党、国民新党の3党は、昨年に引き続いて全員が紹介議員となりました。また、無所属(沖縄社会大衆党)の糸数慶子議員も紹介議員となっています。民主党も約6割が紹介議員となり、衆議院国土交通委員会では、民主、共産、国民の野党全員が紹介議員となりました。また、今年は参議院災害対策委員会の公明党議員も1人紹介議員となっています
。  一方、自民党は、要請した65人中、紹介議員となったのはわずか3人に留まりました。自民党は「測候所廃止の閣議決定」があることを理由として断る議員も居り、署名の主旨をもっとよく説明する必要も感じました。同時に、「小さな政府」を標榜し、公務員の削減と行政減量・効率化を進める自公政権自体とのたたかいも、さらに強めることが必要です。
 請願は、例年通りとすれば、会期末直前にその扱いについて議論される見込みです。

紹介議員数
会派衆議院国土衆議院災対参議院国土参議院災対その他合計
自民2@(30F)2@(25F)0(9@)0(7@)0(1)3(65)
民主10(10)6(9)6@(13@)5@(10@) 26(41)
公明0(3)0(3)0(2@)1(2@) 1(9)
共産1(1)1(1) 1(1)13(13)16(16)
社民 1(1)1(1)  2(2)
国民1(1)1(1)   2(2)
無所属    1(1)1(1)
合計14(45)11(40)7(25)7(20)14(15)51(136)
 紹介議員数(委員会所属議員数)。
 ○数字は国土交通委員会と災害対策特別委員会の委員を兼ねている議員数。

気事拡のページに戻る