走れ気事拡 08−03

長崎分会も目標達成
九州地本ぞくぞく達成へ
 九州地本では、組合員一人90筆を目標にとりくんでいますが、沖永良部分会に続いて長崎分会、厳原分会も目標を達成。この後も続々目標に達する勢いです。5月の国会請願までには目標達成することを目指し、各地本・分会とも、長崎分会のように、「いつ」「誰が」「何を」という計画を具体的に立てて、行動に踏み出しましょう。

【九州地本長崎分会発】長崎で、今回の気事拡にとりくみ始めたのが、昨年12月の執行委員会からです。「今までと同じ方法でとりくみましょう」で早速行動に移しました。具体的な方法は、@個人署名と団体署名の2本立て、A個人署名は分会員が、本人と家族は取りきり、知り合い等で頼める方にお願いする、B団体署名は県労連などの組合活動の中で付き合いのある所にお願いする、C団体署名には、昨年の気事拡へのお礼状と厳原・福江の廃止反対請願を含めて送付する、D今年も長崎海洋気象台のOBの方へも送付する、でした。
 しばらく経ってから署名が届き始めました。団体署名は県内各地から届き、家族の協力を得て100筆を超える署名を集められた分会員もいます。
今では数は少なくなりましたがボチボチと届いています。最終的に目標数を若干上回ることになるのかと、思っています。

気事拡のページに戻る