走れ! き・じ・か・く☆97号

「気事拡請願」衆・参国土交通委員会で保留に
紹介議員の地元事務所に報告とお礼を
 衆議院参議院その他
国土交通災害対策国土交通災害対策
45名40名25名20名
自民党14
公明党
民主党23
共産党1418
社民党
国民新党
1116101961
※ 国土交通委員会と災害対策特別委員会を兼務している議員が3名いるため、衆参の両委員会の人数合計と総数(61)は合いません。
 本年度の「気象事業整備拡充」国会請願のとりくみでは、全国の仲間の奮闘のなか10万8千余名の署名を集め、5月26日の全国上京団の奮闘も含め、国会での採択をめざしてきましたが、参議院国土交通委員会は6月15日、衆議院国土交通委員会は6月16日、それぞれの理事会で「保留」となりました。紹介議員は最終確定ではありませんが、61名に達しました。この間の全国の仲間の奮闘に全気象中央執行委員会は、心から感謝と敬意を表するものです。各地本・分会は、紹介議員となった地元事務所を訪れるなどして、この結果についての報告とお礼をおこなうとともに、またこれからの私たちの運動へのさらなる協力を訴えて下さい。なお、各理事会で、各党派がどのような対応をとったのか、詳細はあきらかになり次第、報告します。
 なお、九州地本長崎県内共闘が同時期取り組んだ「厳原・福江両測候所の機能拡充を求める請願署名」も「保留」となりました。

2006年気事拡運動に戻る