走れ! き・じ・か・く☆95号

気事拡国会請願行動5月25、26日に
集約数まだ7万筆、最後の追い上げを
気事拡署名の到達状況(4月24日現在)
地本名目標数集約数集約率
北海道27,7801,5775.6%
東北15,0002,27515.1%
関中40,0006,42216.0%
東京10,0004924.9%
関西52,00019,89238.2%
九州45,00036,51981.1%
沖縄10,0003,08830.8%
本部1,2001,41718.0%
合計200,00071,68235.8%
 気象事業整備拡充運動の重要なとりくみの一つである「国会請願行動」を5月25・26日に実施します。この行動は、全国から大規模な上京団を組織して、集約した署名を国会議員に直接手渡し、国会での請願採択を求めるとりくみです。
 しかし、4月24日現在の署名の集約数が全体で71,682筆と、前回の到達点である125,116筆の60%弱にとどまっています。
 「行政減量・効率化有識者」会議は6月にとりまとめる事務事業の見直しにむけて、気象庁に対して独法化の検討を求めています。また、「国家公務員の5年間5%純減」をはじめとする行革推進法案が、4月20日衆議院で強行採決され、参議院の特別委員会の審議がはじまっています。こうした状況のもと、国の直接の責任で気象事業の整備拡充を求めて国民的世論を広げる必要がもとめられています。
 大型連休中のメーデーや帰省などあらゆる機会を利用して大幅な上積みをはかりましょう。

2006年気事拡運動に戻る