走れ! き・じ・か・く☆94号

「気事拡署名」が楽しく、アッと言う間に500筆
【那覇分会・那覇航空分会・沖縄地本発】
 2006年3月5日午後に「日米が合意した米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への移設案に反対する」県民総決起大会が宜野湾市において開催され3万5千人が集結しました。全気象沖縄地本と那覇分会、那覇航空分会は集会の開会前に参加者に気事拡署名を訴えて書いてもらおうと開会の数時間前から集合してとりくみました。その結果500筆ほどがアッと言う間にとれました。
じっくり説明する石川さん、まだ時間があるので
聞くほうものんびり聞いてくれました。
そろそろ会場への人も多くなり、書かせていても
うしろから来る人が気になる戸高さん。
那覇分会長の佐喜真さんも強引?? (笑)に署名を
してもらっています。
袋に入っているものは、国土交通共闘で作った
テッシュ。配りながらの署名依頼です。
山田地本委員長は家族団らんの中へも ズカッ、
ズカッと、これでなくては署名はもらえません!
「決して怪しいものではありません」と言いながら
近寄っていく栽さん。子供からは怖がられていま
した。でもやさしいんだよ〜。
気事拡YES、基地NOを沖縄から訴えます

集会が始まる前に、署名にとりくんだメンバーです。
後ろが集会会場で、集会のみの参加者は「全気象の旗がないなぁー」と探しているでしょう。

2006年気事拡運動に戻る