走れ! き・じ・か・く☆91号

「有識者会議」への対応を国土交通共闘で
国土交通大臣あての要求署名を3月中にとりくむ
  国土交通共闘(全気象、全運輸、全建労、全港建)は、2月15日に第3回幹事会を開き、「行政減量・効率化有識者会議」(以下、「有識者会議」)への対応について協議し、次のことを決定しました。
有識者会議が打ち出した削減分野(国交省分)
官庁営繕(施設整備)1,199
国土地理院797
自動車登録955
気象庁5,958
空港整備(設置、管理)5,540
(○は削減対象となった業務、
△は3月までに結論をだす業務)
 「有識者会議」は、2月から各省と事業削減に関するヒヤリングを開始し、「中間とりまとめ」を3月に策定した後、さらに、4月からは、気象庁をはじめとする追加検討事項とされた各省とのヒヤリングをおこなうとしていることから、@3月上旬に国土交通大臣交渉を実施して、当局の対応について追及する、A国土交通大臣あての要求署名をとりくむ(職員と家族を対象、3月末までに集約)、B国土交通共闘・政策検討委員会で「行政減量・効率化」の反論をとりまとめる(3月〜4月)、C「有識者会議」に申し入れをおこなう(4月)、Dとりまとめた反論は、ビラ宣伝や報道対応、声明、「有識者会議」への意見集中(ホームページへの書き込み)などに活用していく、ことにとりくむ。
気事拡署名の到達状況(2月17日現在)
地本名目標数到達数目標達成分会
北海道27,7801,577 
東北15,000560 
関中40,0002,330水戸
東京10,000432 
関西52,0001,280 
九州45,00013,093長航、厳原、福江、種子島、屋久島
沖縄10,000357 
合計200,00019,816 
 全気象としては、現在とりくんでいる気象事業整備拡充署名を3月中にやりきることに全力を注ぎ、国会議員の地元事務所への要請行動などにとりくみます。
 また、本部は、政党への要請行動や国会議員との懇談などを計画しています

2006年気事拡運動に戻る