走れ! き・じ・か・く☆  68号

気事拡請願署名の紹介議員は56名
請願審議は14日の週に
 全国で奮闘してきました「気象事業の整備拡充を求める請願署名」は、最終的に約14万2千筆に達しました。また、紹介議員数は全体で56名となりました。紹介議員の内訳は下表のとおりです。
 残念ながら昨年と比べて紹介議員が10名程度後退する結果となりました。特に与党の自民・公明両党からの紹介議員数が大幅に後退し、民主党の紹介議員が大幅に増えているのが特徴です。
 紹介議員数は後退しましたが、議員からは「地元の署名があれば紹介議員を引き受ける」(民主)、「請願項目そのものは支持できるので提出する」(自民)などの声もありました。また、紹介議員を辞退した議員も「気象事業の発展は必要だと思う」、「国として気象事業の基盤整備をおこなうことは大切なこと」など、気象事業の整備拡充そのものを否定する議員はいませんでした。
 請願の審議日程は未だ決まっていませんが、これまでの慣例からすると来週14日から16日の間でおこなわれる見込みです。本部は、請願が審議される国土交通委員会の理事を中心に、再度要請行動を実施し「今国会での採択」を要請することにしています。各分会からも可能な限り、地元国会議員の地元事務所を通じて気事拡請願署名が採択されるよう訴えて下さい。





















気事拡のページに戻る