走れ! き・じ・か・く☆  66号

北海道地本、昨年の集約数を突破!
== 函館分会は「連合」の協力を得て5,267筆を集約 ==

 気事拡運動の国会請願行動まで、あと1週間にせまりました。全国からの上京団のメンバーも決まりつつあります。是非、すべての県から代表を国会に派遣し、国民の声を国会に届けましょう。
 気事拡署名は、4月19日現在、集約数が12万1883筆(60.9%)に達しました。また、39分会で目標突破、56分会で昨年の集約数を上回りました。要請数は当初の目標としていた40万筆の大台に乗るなど、最後のおいこみが続いています。
 北海道地本は、4月に入って回収に力を入れてきました。函館分会では、市職労(連合系)の協力が得られ5千筆を超える集約が実現しました。また、地台分会の稚内・旭川・網走分会でも回収が進み目標を突破しました。さらに、地本全体としても、昨年の最終集約を上回る2万1931筆(昨年21,360筆)に達しました。昨年の最終集約数を超えた地本は北海道地本が初めてです。他の地本も少なくとも昨年の最終集約数を突破して、国会請願行動に臨みましょう。

来週の国会請願行動日に直接話が聞きたい

 各分会・地本は、来週の国会請願行動を前に、国会議員の地元事務所への要請行動をおこなっています。その結果、国会議員から「直接話が聞きたい」との連絡が入っています。
 福島分会は、4月15日、増子輝彦(民主)議員の地元事務所を訪問し、気事拡請願署名について秘書と話しをしました。そして、翌日、「紹介議員については、最終的には国会請願当日の28日に直接会って話しを聞いてから返事をする」との回答があり、28日の10時30分から国会議員会館で直接会って話しをすることになっています。また、旭川分会は、4月19日午前、樋口信弘(民主)議員の地元事務所を訪問しました。対応した秘書は、全気象の要請書を早速FAXで東京事務所に送付するとともに、「今週末にも旭川に帰ってくるので伝える。議員は大変忙しいが、28日は議員会館にいるだろう」と話していました。国会請願行動に参加されるみなさん。力を合わせて頑張りましょう。


気事拡のページに戻る