走れ! き・じ・か・く☆  62号

浦河分会 2,167筆を中間集計(3月8日現在)
「あの時(十勝沖地震)でお世話になったから」と
 浦河分会では、気事拡署名数が昨年の約500筆に対し約4倍の2,000筆へと伸ばしています。半分は個人の努力(正月などの帰省時に、署名を親戚縁者に呼びかけている職員のおかげ)もありますが、分会としても努力は負けていません。
 測候所の近くのウエリントンホテルに署名をおねがいしました。測候所のある浦河町は北海道の南側に位置し、人口は約1万7千人の町です。その町の中心街の高台にあるのが浦河測候所です。ホテルは高台の下にあります。署名のお願いに上がったところ、職員は少ないですがと前置きの後「あの地震(十勝沖地震)の時はお世話になりましたから、職員だけでもとりくませていただきます」との返事をいただきました。浦河町は、昨年9月26日の十勝沖地震では震度6弱に見舞われました。津波警報が発表されたこともあって、ホテルの宿泊客は高台の測候所まで着の身着のままで非難され、測候所の外で呆然と海を見詰めておられました。業務も輻輳していましたが、玄関を開けて中へと招きいれたことがありました。お茶も出せませんでしたが、今でも記憶が鮮明に思いだされます。
 最近は地区国公再建の動きもあり、そのつながりで署名の依頼をしたりと地域からの署名活動にもがんばっています。これからもう一声かけて、まだ回収できていないところを回ろうかと分会で話し合っています。 (北海道地本からの投稿)
国公労連 第4波全国統一行動
  「3・18早朝時間外職場集会」
  最大限の参加で成功させましょう

04春闘の主な要求
○平均1万2千円の賃上げ   ○寒冷地手当の改悪阻止
○年金制度の改悪反対     ○気象事業の整備拡充


気事拡のページに戻る