走れ! き・じ・か・く☆  53号

九州地本エンジン全開へ
北九州空出班が670筆集約し班の目標突破!
 九州地本内では、各分会の積極的な団体要請がすすみ、1月22日現在、231団体への要請を終えています。要請数は地本全体で5万7千筆分を越えました。なかでも福岡航空分会や熊本分会では、要請数が1万筆を越え、長崎航空分会、雲仙岳分会では目標突破まであと一歩となっています。また、名瀬分会や沖永良部分会でも目標の3倍から5倍の要請をおこなうなど奮闘しています。
 北九州空出班は、一人90筆の班目標を早々と達成しました。11月に開催された北九州地区国公の定期総会のなかで協議会議長から、「各単組で取り組んでいる署名などがあれば積極的に取り組んでいきたい」との提起がありました。それをきっかけに空出班では、5つの加盟単組へ要請文を同封して郵送による要請をおこないました。送付したすべての単組ともに気持ちよく引き受けていただき、早々と送り返していただいたそうです。
 早々と目標達成することができたのは、身近な団体・労組とコツコツやっていくことが重要だと、あらためて学ぶことがきました。
崎航空分会や雲仙岳分会もあと一歩で目標達成
 長崎航空分会では、空港のある大村市内の全医労をはじめ友好的な団体に要請しています。また、雲仙岳分会では、これまでからも要請してきた島原市職組に加えて測候所に出入りしている業者にも積極的に要請をおこない地本目標まであと一歩となっています。
 九州地本では、今月中に団体要請をやりきり、2月末の目標達成をめざしています。
(九州地本「気事拡推進ニュース」から抜粋し、一部加筆しました)


気事拡のページに戻る