走れ! き・じ・か・く☆  48号


気事拡運動を成功させる3つのカギ

 組合員のみなさん。気事拡運動は進んでいますか。気事拡運動を成功させるためには、どうすればいいのでしょうか。全気象本部は次の三つが成功のカギだと考えています。
第1のカギは、分会・職場でのしっかりとした意思統一です
 分会・職場での意思統一によって、「国会請願とは何か」、「運動の目的と意義」、「運動の到達点と展望」について認識を一致させることができます。そのことは、運動をすすめるエネルギーにもなります。また、意思統一は、1度おこなえば終わりではありません。「○○労組に初めて要請に行った。予想に反して大変協力的だった」といった報告や、「現在、20団体に要請した。あと10団体程度要請する必要があるので協力を」といった訴えも意思統一です。
第2のカギは、目標設定と2月末までの行動計画の作成です
 まず団体要請先のリストアップと、要請計画をしっかり立てましょう。運動を計画的におこなうことによって、執行部以外の組合員の協力も得やすく、時間を有効に活用できます。また、団体要請は、「県労連本部よりも地区労連」、「地区労連よりも地区労連加盟単組」と、より一般組合員に近い組織に要請することが成功の近道です。加えて、対話をすすめ要望を聞く上からも、各単組の分会・職場に要請することによって、現場労働者の声を聞くことができ、地域版「政策提言」に役立ちます。
第3のカギは、地本と分会との連携強化(共同行動)です
 具体的な行動は、分会や県内共闘としてとりくみますが、分会・地本・本部が連携を強め協力してすすめていくことが大切です。わからないことや困ったことがあれば、そのままにせず地本・本部に相談しましょう。

 これまでの運動の到達点を確信に、運動のさらなる前進によって請願採択めざしましょう。

気事拡のページに戻る