走れ! き・じ・か・く☆  41号

5・28国会請願行動
全国から14万筆の署名を携え63名が参加

 前日までの雨もあがり、絶好の請願行動日となった5月28日、全国から63名が参加して、03年度気事拡運動・国会請願行動をおこないました。
 当日朝、衆議院議員面会所でおこなった意思統一集会には、共産党の瀬古議員が激励にかけつけました。議員からは、「みなさんの運動を心強く思う」、「先日の東北地方の地震でもシステムがオーバーフローして正確な情報が伝わらなかった。いざという時は人がいるかどうかが決め手。みなさんの運動はますます重要になています。力を合わせて頑張りましょう」 とのあいさつがありました。また、名古屋分会の川崎さんから提出した署名を受け取り、国土交通委員会での奮闘と「採択」に向けて頑張ることを約束してくれました。

22名が紹介議員を承諾、全政党から紹介議員を得る

 意思統一集会のあと、21班に分かれて衆参両院の国土交通および災害対策の委員中心に127人の国会議員に要請しました。
 議員本人にはなかなか会うことは難しかったものの、事前の地元事務所要請の成果もあって、その場で22名の議員が紹介議員になることを承諾してくれました。政党別の内訳は自民B、公明A、民主C、自由@、共産G、社民A、無所属Aとなり、保守新党を除く全ての政党から紹介議員を得ることができました。
 参加者からは、「以前は門前払いだったが、今回は快く受け取ってくれた。継続した運動の成果を感じる」(東北)との感想が寄せられました。
 最後に、今年度の気事拡運動の奮闘をたたえ合うとともに、引き続き地本・分会と本部が協力して、「採択」されるまで頑張ることを確認して終了しました。

気事拡のページに戻る