走れ! き・じ・か・く☆  31号

全気象発 埼玉南部「ひとりチャリンコきじかく要請隊」その3
団体要請は「地域労連」がおすすめ
「県労連」だのみでは熱意が伝わらない。「分会レベル」の要請はいろいろな面で大変

 ご近所の民間労働者のみなさんに署名のおねがいをするにはどうするか。これは、「地域労連」というところをあたるのが適切だと思いました。まとめて「県労連」にたのめば、多量の署名をいっせいに所属組合におろしてもらえそうですが、それではこちらの熱意は伝わりません。逆に、組合事務局をもたない分会レベルの職場を訪問するのは、いろいろな面で大変そうです。
 インターネットで埼労連(埼玉県労働組合連合会)のホームページを検索したところ、でてきました。「咲いた・ネット」というオシャレなネーミングです。
 「地域労連」ボタンがあるので押してみると、あるある、埼玉県南部には、川口市、旧浦和市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市など、ワタシのチャリンコ散歩範囲の地区労連(または地区労)の電話番号がのっていました。
 電話番号がのってるだけで、どんな組織になってるか、きいてみないとわかりません。非専従役員だったらどこかの職場につながり、迷惑におもわれるかな、などとおもいつつ、早速「川口地区労連」に電話してみました。するとそこは「埼玉土建一般労働組合(埼玉土建) 川口支部」の書記局でした。埼玉土建は埼玉県内の建設労働者・職人さんでつくる労働組合です。ここの専従をされている山本さんという方が川口地区労連の事務局長さんとのこと。ご本人に電話に出てもらいました。
 簡単に自己紹介をしたうえで、全気象の「きじかく署名」について手短に主旨を伝え、「ぜひ訪問して、お願いに伺いたい」ことを伝えました。そうしたら、おそらくお忙しいにもかかわらず、快い返事をいただき、相談のうえ翌週おじゃますることに決まりました。 つづく


気事拡のページに戻る