走れ! き・じ・か・く☆  24号

気事拡運動 全国で奮闘中
要請数19万筆、集約数4万9千筆を超える
==目標突破は16分会に==

  気事拡運動は、全国での奮闘の結果、要請数が19万筆を超え、集約数は49,705筆(24%)まですすみました。特に団体要請は年度末にもかかわらず各地で行われており、今回の報告に間に合わなかったものをあわせると、実態としては25万筆を超える要請と集約数5万筆を超えているものと思われます。転勤時期であわただしい時期ではありますが、目標達成のためにも、もう1回りか2回りの要請をお願いします。

北海道地本・網走分会が目標突破
地域の団体や連合にも積極的な要請が実を結ぶ


 北海道地本・網走分会は3月27日までに、連合網走をはじめ、林野庁や農協、高校や役場などの労働組合の協力を得て、1,740筆の分会目標を超える2,039筆を集約しました。連合の協力が得られたことと、職場周辺の町役場や高校、農協などの職場にも積極的に要請したことが、目標突破に繋がった要因だと思います。ご苦労様でした。
 北海道内のその他の分会でも奮闘しています。室蘭分会では、今年初めて、伊達市、登別市など室蘭市周辺にも足を伸ばし、労働組合だけでなく、漁協、農協など利用者団体への要請も行っています。大我分会長は、「話を聞いてもらい良い感触を受けた。これでつながりができれば来年度以降の運動にもつながると思う」と話しています。また、帯広分会では、市役所や開発局の組合、農協や商工会議所にも要請しています。小松書記長は、「農協はいろいろ忙しいと断られたものの、商工会議所では検討してもらっており、近日中に署名用紙を持って再度お願いに行きたい」と話しています。さらに、留萌分会では、3月中旬に地本と分会の統一行動を行い、地元市役所をはじめ、漁協、農協、開発局、国労などを訪問し、あわせて1,000筆分の要請を行いました。また留萌支庁内の全ての市町村へ要請を行う計画もあります。


転勤される組合員のみなさん
新たな職場でも全気象への結集をお願いします

気事拡のページに戻る