走れ! き・じ・か・く☆  10号

和歌山分会・アポなしで1日奮闘

気事拡署名の労組・団体訪問を実施
  和歌山分会は、1月21日に気事拡署名のお願いに1日かけて労組・団体を訪問しました。「昨年の回収実績から、戻ってきていない労組は外そう」と言う意見もありましたが、過去の実績を考え、また今後の繋がりを強化するということで、片端からあたることにして分会長の愛車で外回りしました。
 まずは市役所に行き、和歌山市水道労働組合と和歌山県教職員組合和歌山市支部を訪問、ここではすんなり手渡すことができました。特に、教職員組合は支部が多いこともあり、追加を申し出てくれるなど、まずは出足順調でした。
 と思っていたら、和歌山県農業共同組合連合会労働組合、わかやま市民生協労働組合と立て続けに不在でした。アポ無し訪問に不安を感じつつ続行しました。生協病院でかわいい声の受付女性に案内されて和歌山県民主医療機関労働組合を訪問、ここでも署名依頼を快諾してもらいました。
 なんだかんだ言って、まずまずの手応えを感じながら昼食。
 午後からも精力的に労組を回りました。多忙を理由に担当者に会えなかった日本赤十字社和歌山医療センター労働組合、「方針が変わったので、受け取るけれどどうなるか分からない」という全農林労働組合近畿地方本部紀北西分会もありましたが、それ以外は順調に署名への協力が得られました。
 当日は20団体を訪問し、配布枚数は、団体署名73枚、個人署名1200枚を渡すことができました。3月には、直接受け取りに訪問する予定で、今後の連携の強化もめざしたいと思います。目まぐるしい一日でしたが、充実した一日でした。            (和歌山分会・一木書記長)

気事拡のページに戻る