国交労組とは

  • HOME »
  • 国交労組とは

国土交通労働組合とは

2011年9月11日、全運輸労働組合、国土交通省全建設労働組合、全気象労働組合、
全運輸省港湾建設労働組合および海員学校職員組合、海技大学校職員組合の6つの労組が大同団結した労働組合です。

誰でも加入できる国土交通労働組合

国土交通省及び国土交通省関連法人に勤務する方、並びに組合が承認した方であれば誰でも加入できます。

 

運動の発展をめざして

国土交通労働組合は、国土交通省内の労働組合の旧全建労・全運輸・全気象・全港建労働組合、海技学校職員組合・海技大学校が、
2011年9月11日に「国民のための国土交通行政を確立する」ために大同団結により組織統一を果たしたもので、その構成人員は約17,000人です。

生活と労働条件の改善を求めて

労働組合は、一人では弱い立場の労働者が、思想や信条、宗教、支持政党などの違いを越えて、
一致する要求でまとまり、その実現のために多くの仲間と連帯して、自分と家族の生活や労働条件を
守り、改善していくための組織です。
国土交通労働組合は、他省庁の労働組合の伸間や民間の労働者と力を合わせて、要求実現に向けて奮闘しています。

具体的には賃金の引き上げや昇給・昇格制度の民主的運用、異動にともなって必要となる宿舎の整備などの
改善に力を入れています。
その結果、ワンルーム型の宿舎の設置など、別掲のような様々な要求が実現しました。

平和と民主主義を守る

労働組合は、組合員とその家族の生活を守ることに力をおいて運動しています。
そのためにはまず、平和で安心して生活できる世の中を実現させることです。
世界に誇る平和憲法の改悪を阻止し、平和に生きる権利を守り活かす取り組みを
多くの労働組合や市民団体とともに取り組んでいます。

私たちが勝ち取ってきた要求

完護全休週休二日制の導入、育児休業・介立休暇の導入、年休繰越日数10から20日へ、災害時における特別休暇の導入
ボランティア休暇の導入、子供の看護休暇制度導入、育児・介護休業制度の拡充、喫煙対策の指針策定、
育児・介護を行う職員の早出・遅出勤務、育児のための短時間勤務制度の施行、自己啓発等の休業制度の施行
労働時間短縮8時間から7時間45分へなど

詳しくはこちらPDFをご覧ください

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-3580-4244 受付時間 9:30 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 国土交通労働組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.